低年収でも注文住宅が叶う無料資料請求はコチラ!

安い建売住宅は後悔する?【買うべき人とそうでない人】

https://kaseburo.info/wp-content/uploads/2020/09/5.pngわにさん

建売の価格も安い『建売住宅』が最近増えているね!

できるだけ安く家を購入したいんだけど・・・買って後悔している人もいるって聞くけど本当のところどうなの?

https://kaseburo.info/wp-content/uploads/2020/09/明るいバッジロゴ-Etsyショップ-アイコン.pngmai

気になるところよね。

実は注文住宅で満足しているけど、実は私の姉妹は「安い建売住宅」を買ったの!

実際に「安い建売住宅」を買った人に話を聞いてみたわ!

ということで、実際に購入した人は新築の安い建売住宅を購入して後悔したのか?

どんな人が「安い建売住宅」を買うと後悔するのか?買うべき人とそうでない人の条件をまとめてみました。

「安い建売住宅」はなぜ安いの?

建売住宅がそもそもなぜ安いか?ですが、それは単純に

『コストがかからないから』なのです。

建売住宅ではすでに間取りや内装が決まっており、大量に仕入れて同じような家を作るので安く仕入れることが出来るのだとか。

それ以外にも安い材料を使っている、内装・外装のグレードが低いなど様々な要素が相まって低価格で家を作ることが出来るのだとか。

私も注文住宅を建てる前に建売や中古物件等、とにかく安くで家を購入する方法を模索していたのでもちろん建売住宅も見に行ったことがあります。

安い値段で、新築の一戸建てに住めたら確かに最高ですよね!

でも、一生に一度のマイホーム購入、「ただ安い」からって買うのははっきり言って早すぎますね!

(だって私は「安い建売住宅」並みの金額で注文住宅を建てることが出来ましたので♪その秘訣はこちらの記事にて↓↓)

もちろん私の姉妹のように現在、建売住宅で快適に暮らしている人も沢山いるので、一概に皆が皆後悔しているというわけではありません。

安い建売住宅を購入した姉妹に話を聞いてみました。↓↓

「安い建売住宅」を実際に購入してみてどうだった?インタビュー

まずは早速、お手頃価格で建売住宅を購入した私の姉妹に実際の住み心地等のお話を聞きました。

「安い建売住宅」を購入した理由は?

そもそも、安い建売住宅を購入した理由から。

「安い建売住宅の購入を決めたのは主人です。主人の年齢が47歳と、もうすぐ50歳!そして二回目の結婚ということで一度は注文住宅を建てた経験のある人と結婚しました。

私としては、平屋・注文住宅が良かったのですが、注文住宅という選択肢が夫の中ではそもそも無かったみたいで。」

なるほど。旦那さんの年齢や、すでに一度住宅ローンをがっつり組んだ経験が大きかったみたいですね。

「安い建売住宅」の住み心地は?後悔している?

現在建売の住宅に住んで半年ほど。住み心地や後悔しているか?を聞いてみました。

「住み心地はいいですね。賃貸と違って気を使わなくていいし、のびのび暮らせます。子供達も一人ずつ部屋を与えられたので充実しているようです。収納もたっぷりあるのでリビングがスッキリしています。」

住み心地には満足しているようでした!

建売住宅の利点は、収納などが意外と充実しているところですね。

万人受けする間取りが多いので、導線等も考えられている間取りが多いのです。

「ただ、リビングが狭い・・・賃貸ばりに狭いので、となりの和室との壁を壊したいくらい(笑)

それと、二階建てなのにトイレが一階にひとつしかない事。歳をとった時を考えると二階にもトイレがあった方が良かったかなと思いました。」

なるほどですね。

見学に行った時は家具が置いていない状態だったので気にならなかったそうですが、実際に家具を置くと狭かったそうです。

トイレについても、賃貸ではひとつですし平屋の家でもトイレはひとつですが、二階建てですと二つあるイメージがあります。

コストを抑えるためにトイレがひとつだったようですがやっぱり二階建てにはトイレは2つあった方が良いみたい。

また、建売の販売価格の他に手数料等、そして外構費用も追加でかかったそうです。

ですが「住めば都」。

後悔はしていないそうです^^

安い建売住宅を購入して後悔する理由

安い建売住宅の価格は、一般的な注文住宅からすると数十万~数百万円ほども金額の違いがありますね。

「安い」からってすぐに買ったらダメですよ~。

「安い注文住宅」を買って後悔する場合は以下のような後悔をするようです。

  • キッチン・トイレ・風呂などのグレードが低い
  • サッシのグレード・雨戸・網戸がついていないので追加料金が発生
  • 外構なしだったので結局100万円ほど外構費用がかった
  • アフターフォローがずさんな場合がある

キッチン・トイレ・風呂などのグレードが低い

先ほどの「なぜ建売住宅が安いのか?」の項目でもお話しましたが、建売住宅のキッチンやトイレ、お風呂場など水回りの設備のグレードが低いというのは多いですね。

実際に我が家の姉妹も家も、キッチンに食洗機はついていませんしオール電化ではなくガスでした。

トイレは最新の除菌するトイレでしたので「羨ましいな」なんて思いましたけど(笑)

それぞれの建売住宅でこの仕様は違うとは思いますが、もしご検討されているのであれば「水回りのグレード」をチェックしてみるといいかもしれません。

サッシのグレード・雨戸・網戸がついていないので追加料金が発生

建売の住宅を検討する際、部屋の中ばかりを見て外をみていなかったりしませんか?

窓を見てみると網戸が無かったり、雨戸が無かったりしている可能性があります。

もちろん後から取付は可能ですがオプションで追加料金が発生しますので要注意!それは外構も一緒です。

外構なしだったので結局100万円ほど外構費用がかった

建売住宅の外構工事は最低限のものがほとんどです。

門周りはされていますが、お隣さんとのフェンスや車庫、庭などはほとんどさら地が砂利ですよね。

もちろんそのまま住み続けても良いのですが、もし外構もするとなると軽く100万円はするでしょう。

せっかく安く購入した建売住宅も、追加料金を払っていくうちにいつの間にかローコストの注文住宅が建てられるくらいの金額を使っていた・・・ということにもなりかねません。

アフターフォローがずさんな場合がある

しっかりしたハウスメーカーの建売住宅なら、建売住宅でもアフターフォローはしっかりしています。

しかし、建売住宅を売ったらおしまい!・・・というような業者ですとアフターフォロー、点検等もずさんな場合も多いようです。

有名なローコスト住宅のハウスメーカーさんで建売住宅を購入したご近所さんに聞いてみたところ、5年・10年点検としっかり点検はあったそう。

購入する前にアフターフォローがどうなっているのか?しっかり聞くべきですね。

安い建売住宅を買うべき人はこんな人!

今まで「安い建売住宅」のネガティブな、後悔するポイントを並べてきましたが、逆に、買うべき人、買っても後悔しないのはこんな人!という例を挙げてみました。

  • 35年ローンが厳しい人
  • 「住めればいい」と思っている人
  • こだわりが無い人
  • DIY好きな人

35年ローンが厳しい人

「35年ローンが厳しい人」つまり、ある程度年齢がいっていて、35年ローンが組めないという方には、格安の建売住宅はおすすめですね。

だた、我が家のように建売くらいの金額でも注文住宅が建てられる場合がありますので、安易に「安ければいい」で決めるべきではないです。

「住めればいい」と思っている人

とにかく賃貸が嫌で、「住めればいい」か家が欲しいと思っている方には建売住宅でも満足するかもしれませんね。

ただ、私ももともとその口だったのですが(笑)、あるハウスメーカーさんとの出会いで注文住宅を安い建売住宅並みの金額で建てることが出来ました。

その(ハウスメーカーさんとの出会いは>>こちらの記事<<です。)

安い建売で、「住めればいいや」と思っている人でも、理想の注文住宅を同じくらいの価格で建てられる可能性もあるので、「諦めない」のは大事です。

こちらから理想の金額で建てられるかどうか?の無料見積もりできます↓↓

月たったの6万円台で夢のマイホーム!無料資料請求 へGO!

こだわりが無い人

「こだわりの無い人」も先ほどの「住めればいい」と同じですね。

例えば、

二階建ては嫌!平屋がいい

など、少しでもこだわりの条件があるなら、建売住宅購入には向きませんね。

人生、諦めが肝心という言葉もどこかで聞いたことがありますが、毎日住む家は居心地がいいのが一番です。

DIY好きな人

DIY好きなパパやママなら、よくある安い建売住宅でも自分たちの好きなようにアレンジできますよね。

外構も自分たちの手ですれば安い値段でできます。

DIYが趣味の方は、建売住宅でも自分の理想の家に改造していく楽しみもあるでしょう!

安い建売住宅【買うべき人とそうでない人】まとめ

安い建売住宅を買うべき人は、

家に特にこだわりもなく、とにかく住めればいい、そして住宅ローンを早く終わらせたい人・35年ローンが厳しい・・・という方は買うべき人と言ってもいいでしょう。

逆に、安い建売住宅を買うべきではない人は

安かろう悪かろう」が嫌な人、理想の家のイメージがある人、一生に一度のマイホーム購入で後悔したくない人

は「安い建売住宅」を購入するにはまだ早すぎます!

もちろん、収入面での不安もあるかと思います。(我が家もありました)

ですが、質のいいローコスト住宅のメーカーさんや工務店さんもいらっしゃいますので、まずは諦めずに理想の家を建てることのできるメーカーさんを探すことをおすすめします!

>>マイホームへの第一歩!タウンライフ無料資料請求<<

では、一度の入力で複数のハウスメーカーの無料見積もりが出来ます。

こちらで取り扱っているハウスメーカーさんはなんと、約600社以上!!

大手注文住宅会社から地元密着の工務店さんまで取り扱っているので、わざわざ時間をさいて住宅展示場回りをしなくて済みます。

わざわざ足を運ばずに無料見積もりができるっていいですよね!

さらに無料見積もりだけでなく

  • 理想の間取りプラン
  • 注文住宅にかかる具体的な費用
  • 希望の地域の土地探し

全てが無料&ネットで請求できるのでうれしいですよね。

「自分たちの年収で建てられるの?」

と注文住宅に憧れているけどお金の話を聞きたくてもなかなか聞けないというあなた。

まずは気軽にマイホームGETの第一歩を踏み出して下さいね!

私も第一歩を踏み出してからあれよあれよと注文住宅を建てることが出来ました^^

月たったの6万円台で夢のマイホーム!無料資料請求 へGO!

それでは最後までお付き合いいただきありがとうございました!

ブログランキングに参加中です!

「役に立ったよ~」と思ったら人気ランキングのヨイネ!ボタンやシェアボタンをポチッとしてくださると泣いて喜びます♪


人気ブログランキング
https://kaseburo.info/wp-content/uploads/2020/09/9.pngmai

ポチッとありがとうございますっ♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA