低年収でも注文住宅が叶う無料資料請求はコチラ!

年収300万円夫と扶養内パート主婦で家は建てられる!小さな家なら可能だよ

はじめに

このブログは、家族5人・夫の年収300万円にして新築平屋・注文住宅をGETした私が経験・体験したマイホームを建てるまでの体験談や口コミを綴っています。

マイホーム体験談①傾いた貧乏アパートからの脱出

https://kaseburo.info/wp-content/uploads/2020/09/5.pngわにさん

年収300万円くらいのぼくと、パートの奥さんの収入でも家を建てることができるのかな?

このまま一生賃貸暮らしもなんだかもったいない気がするし・・・

という悩みに答えます。

結論としては、「年収300万円のご主人と扶養内のパートをしている奥様でも家は建てられます。」しかも無理せずに、です。

その理由を簡単にお話しますね。

年収300万円夫と扶養内パート主婦で家は建てられる!

「年収300万円夫と扶養内パート主婦で家は建てられる!」

となぜ断言しているかというと、私が実際に同じ立場だからです。

注文住宅を建てた当時、夫は年収300万円、そして私は扶養内で働くパート主婦でした。

現在子供は3人おりますが当時は長男一人でした。

そんな我が家でも、

安い建売や、中古住宅ではなく、自分たちなりに満足した家づくりができたなと自負しております。

他の記事で家づくりする前のボロアパート時代、そして金銭面や土地など一つ一つの段階の記事を書いていますのでよかったら参考にしてみて下さいね!

いま私「自分たちなりの」といいましたよね?

そう、聞こえはいいですが、つまり

「自分たちなりの身の丈に合った家」

を購入するというのが重要です。

そこさえ守れば、年収300万円で妻は扶養内のパート主婦・・・という一般的に言うとそれほど裕福ではない家庭でも家は建てられます。

具体的に、身の丈に合った家とはどういった家なのか?を解説します。

年収300万の小さい家・身の丈に合った家とは?

ここでの身の丈に合った家とは、自分の収入・そして毎月の支出を考えたうえで余裕をもって支払える住宅ローンの金額で建てた家のことを言います。

つまり我が家のような「小さい注文住宅」ですね。

https://kaseburo.info/wp-content/uploads/2020/09/2.pngわにさん

ハハっ!!そんなのわかってるよ~!

なんて声が聞こえてきそうですね。でも、家づくりって盲目になるんですよ・・・。

https://kaseburo.info/wp-content/uploads/2020/09/11.pngmai

私も家づくりを経験したからわかるのだけど、ついつい「あの雰囲気いいな~」「あれも取り付けたい」「ここにこれも欲しい!」

とか、ついつい色々とオプションしちゃうのよね~。

それを全部やっちゃうと最終的に予定より数百万円も多くローンを組んでしまったり・・・なんていう友人もいたわ。

元々は、「2000万円以下の家!」って決めていた我が家も、ハウスメーカーさんへ行き、住宅ローンの仮審査の際、借りれるギリギリを知るためにも多めに審査に出したんですね。

そうなると、

「あ、借りれるじゃん。」

となって、色々と付け足してしまうんです。。

(我が家の場合は予算の2000万超えた部分で太陽光ソーラーを取り付け、毎月の電気代が実質タダ&少し利益が出ているのでその点では結果オーライでした。)

年収300万円でいくら借りられる?

では、「身の丈」の家を知るにはどうすればいいか?ですが、

自分の借りられる住宅ローンの金額を知ることです。

>>こちらの記事<<にも私の実体験も踏まえてお話しています。

また、月々の返済額からもおおよその住宅ローンの借り入れ金額の目安が出せます。

毎月返済額借入可能額
8万円2612万円
9万円2939万円
10万円3266万円
11万円3592万円
12万円3919万円
13万円4245万円
14万円4572万円
15万円4899万円
35年返済・金利1.5%の場合

後半、全然関係のないセレブ家庭の数字になってきていますねw

月返済8万円でだいたい2600万円の借り入れが出来ます。

今のお家賃はどれくらいですか?

上記はおおよその金額なので、詳しく知りたい方は、ネットの住宅ローン診断等でチェックしてみるといいですね!

直接銀行に行かずに、『自分がどれくらい住宅ローンの借り入れが出来るか?』を知れるので非常に便利です。

もちろん無料で出来ます。↓↓

住宅ローンは銀行によって少しずつ金利のパーセンテージが違うのはもちろん、

「団信」の内容も銀行独自のものなので「団信」の内容で比較するのも大切ですよ~!

年収300万円では身の丈に合った小さい家にしよう

毎月の住宅ローンがいくらになるのか?が分かれば、あとは「身の丈に合った家」を探すのみです。

なかなか2000万円以下で建てられるハウスメーカーや工務店って正直少ないと思います。

https://kaseburo.info/wp-content/uploads/2020/09/12.pngmai

「2000万以下で家を建てたい」とハウスメーカーさんを渡り歩いて私も思いっきり恥をかいたりしましたね。

その中で、やっとOKをもらえたハウスメーカーさんで現在住んでいる家を建てることが出来ました。

(私の建てたハウスメーカーは>>コチラのブログ記事<<にてお話しています)

ブログ体験談・ハウスメーカー決定編

28坪、3LDKの平屋住まいです。

住宅ローンも無理をしない金額に設定していたので、子供が増えてもなんとか扶養内パートでやりくりできていますね。(@現在求職中=無職)

結論

年収300万円の夫と、扶養内パートの私という決して裕福ではない家計でも、家は建てられます!

ただしいくつか注意点があります。

注意点

住宅ローンをギリギリまで組まないこと!

身の丈に合った小さい家にしよう!

少し余力を残した家づくりが理想ですね。

これは年収300万円以上の方々にも当てはまることですが、夫婦でお金の問題でケンカしないためにも、余裕を持った住宅ローンの返済金額が良いですね!

それでは最後までお付き合いいただきありがとうございました!

ブログランキングに参加中です!

「役に立ったよ~」と思ったら人気ランキングのヨイネ!ボタンやシェアボタンをポチッとしてくださると泣いて喜びます♪


人気ブログランキング
https://kaseburo.info/wp-content/uploads/2020/09/9.pngmai

ポチッとありがとうございますっ♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA