低年収でも注文住宅が叶う無料資料請求はコチラ!

年収300万以下でもマイホームが頭金もなしに建てられた3つの方法!

新築一戸建て、マイホーム、いい響きですね。

私も数年前まで自分には縁のない話、夫の給料が上がらない限り無理だなぁと諦めていました。

筆者は現在、夫と三人の子供の五人家族で三年前から新築一戸建てに住んでいます。

自慢に聞こえる方もいらっしゃるかと思いますが、まだページを閉じないでくださいっ!(笑)

決して、自慢したくてこの記事を書いているのではなく、新築一戸建て(しかも注文住宅)を年収300万でも建てれるよー!!
という事をお伝えしたくこの記事を書いております。

  • 今、マイホームをお考えの方
  • 新築一戸建てが夢だけど実際無理だよなぁ・・・

と諦めかけているあなたに実践してほしい3つのことをこれからご紹介したいと思います。

年収300万でマイホームを建てる3つのこと・家計の収支をしっかり把握する!

基本的なことなのですが、月々の収支を把握すること。まずこれからです。

その中でも、現在の住居費にいくらかかっているのかを知ることが重要です。

  • まずは今住んでいるお宅の家賃。
  • そして光熱費。
  • ガス、水道、電気代。

この4つが毎月いくら位かかっているのかを知ってください。

なぜ光熱費の把握が必要かというと、最近の家はだいたい、オール電化×太陽光発電なので、ガス代はかからない、太陽光発電により電気代もタダ!!だからです。

詳しくはこちらの記事https://kaseburo.info/solar/)でソーラー発電についてお話しています。

(実際は太陽光発電にかかる費用を支払いますが、住宅ローンに含まれるので毎月の住宅ローンの支払いのみになります。)

ですので実際支払う光熱費はというと、、、、、なんと水道代のみなのです!

・・・ということは、

住宅ローンにあてられる月々の支払い金額が、

今の家賃+ガス代+電気代の金額で支払えるのです!!

ちなみに、我が家の場合、新築一戸建てに引っ越す前までは、築30年近いぼろアパートに住んでいました。

※ボロアパートからの脱出は>>こちらの記事<<をチェックしてみて下さいw

家賃は約30000円。

電気代10000円、ガス代10000円でざっくり予算をみていたので(ズボラですみません)、

トータル50,000円前後で、月々の住宅ローン返済額を考えました。

こんな感じで、現在のあなたのお宅の家計簿を見て、まずは今の生活ままで住宅ローンに出せる金額を把握することが重要です。

さあ!!

今支払える月々のローンの金額が分かれば、次のステップです!

年収300万でマイホームを建てる3つのこと・色々なハウスメーカーを知ろう!

日本にはたくさんのハウスメーカーがあります。お住まいの近くにも幾つか住宅展示場なるものがあると思いいます。

「どうせ建てられないしなー」

と諦めているときは、住宅展示場なんて自分の行く場所ではない!と信じていました。(笑)

ですので、建てる前は結局トータルで三軒ほど回ったくらいです。

そして、恥ずかしげもなく、

https://kaseburo.info/wp-content/uploads/2020/08/1595403788996.png

「年収300万でも新築一戸建て、建てられますか?」

と聞いて回りました(笑)

決して私の真似はしないように!!めちゃくちゃ恥ずかしいです(笑)

私のように勇気をふり絞らなくても、今はネットで無料見積りが出来るらしいですよ~!

(知らないって損ですね。知っていたら恥をさらさなくて済んだのですが。。。)

>>マイホームへの第一歩!タウンライフ無料資料請求<<

では、一度の入力で複数のハウスメーカーの無料見積もりが出来ます。

こちらで取り扱っているハウスメーカーさんはなんと、約600社以上!!

大手注文住宅会社から地元密着の工務店さんまで取り扱っているので、わざわざ時間をさいて住宅展示場回りをしなくて済みます。

わざわざ足を運ばずに無料見積もりができるっていいですよね!

さらに無料見積もりだけでなく

  • 理想の間取りプラン
  • 注文住宅にかかる具体的な費用
  • 希望の地域の土地探し

全てが無料&ネットで請求できるのでうれしいですよね。

「自分たちの年収で建てられるの?」

と注文住宅に憧れているけどお金の話を聞きたくてもなかなか聞けないというあなた。

まずは気軽にマイホームGETの第一歩を踏み出して下さいね!

私も第一歩を踏み出してからあれよあれよと注文住宅を建てることが出来ました^^

月たったの6万円台で夢のマイホーム!無料資料請求 へGO!

ちなみに、よくテレビやチラシなどで、「坪単価○○万円」と書いてあったりしますが、

坪単価だけでは家は建てられません。

本体工事費以外の諸費用を含めたあなた希望の家づくり見積書のご提案も可能だそうです。

一度見積りされてみるとこれからの家づくりが一歩前進し、現実に近づくのではないかなぁ~と思います。

実際、筆者も、簡易的ですが、年収300万円以下でも支払えそうな見積りを頂き、

「あ、これなら支払っていかるかも!」

という自信につながりました。

そして実際、今でも支払っていけていますし、最新のオール電化の我が家で快適に暮らしています。

一番いいな~と思ったのは、

「冬がめちゃくちゃ暖かい!」

ところです。

床暖はさすがに付けられませんでしたが、断熱材のおかげでポカポカです^^

そんな暮らし、以前の2DKのぼろアパートが嘘のようです!ちなみにどうでもいい情報ですが、傾きかけてドアが開かないというトラブル多発していました(笑)

大事なのは、一歩前進!何かしら少しでも行動してみることですよ~!

月たったの6万円台で夢のマイホーム!無料資料請求 へGO!

年収300万でマイホームを建てる3つのこと・理想の生活を妄想し、ニヤニヤ過ごす!

・・・怪しいですね。実に怪しい。

ですが私はこの方法で理想の土地、家を引き寄せました!!

「引き寄せの法則」というのはご存知でしょうか?

「思考は現実化する」という言葉は聞いたことはないでしょうか?

引き寄せの法則というのは、今、感じている感情に似たものを引き寄せる。今出している波動と同じ現実がやってくるという不変の法則です。

地球に重力がある、というのと同じレベルの法則だそうです。詳しくはこちらの本を読めば分かるのですが、

この本に書かれている、17秒メソッドというのがありまして、


「引き寄せの法則は極めて強力なので、あなたがたのたったの17秒間、ある思考を抱いたとしても、それに似た別の思考が加わる。それらの2つの思考が一緒になると、燃焼が起こり、あなたの思考はさらに強力になる。」

「宇宙はあなたから何らかの波動を受けとるとき、それが現実の体験に基づくものなのか、それとも想像上の体験に基づくものなのか、区別がつけられない。いづれの場合も宇宙はその波動に応え、願望が実現される。」

という一文があります。

つまりまとめると、17秒間、いい気分で、新しい家に住んでいる自分を想像し、ニヤニヤしているとその波動で同じような現実がやってくる。ということなのです。

実際私は、いい気分のとき(だいたい寝る前かお風呂)に、目をつぶり、いま、その新しい家でお風呂に入って気持ちい~!などと想像していました。

そして願った通りの現実がやってきました!ぜひ、騙されたと思ってやってみてください!

想像してニヤニヤ。ここが肝心です!想像して嫌な気分になるならやめて、別のいい気分になる思考に切り替えてください。

重要なのはいい気分でいることです。

年収300万でマイホームを建てる3つのこと・まとめ

今回は、「年収300万でもマイホームを建てるためにした3つの行動」についてまとめました。

まずは家計を把握し、月々、どのくらいのローンが支払えるのか、
ボーナス払いはあてにできるのかなどを考えます。

そして無料見積もりを利用したり、ハウスメーカーの住宅展示場へ行ってみたりと、とにかく一歩踏み出すことです!

実は私の以前の職場の同僚も、

「家が欲しいけど我が家は無理だわ~。実家もあるし、義実家に土地もあるけどいつになったらくれるのか・・・。」

と悩んでいた同僚でしたが、私の経験と無料見積もりをおすすめすると、いつのまにか新築の注文住宅をGETしていましたっ!

あの時はうれしかったな~。

ニヤニヤして行動!最強です(笑)

月たったの6万円台で夢のマイホーム!無料資料請求 へGO!

それでは最後までお付き合いいただきありがとうございました!

ブログランキングに参加中です!

「役に立ったよ~」と思ったら人気ランキングのヨイネ!ボタンやシェアボタンをポチッとしてくださると泣いて喜びます♪


人気ブログランキング
https://kaseburo.info/wp-content/uploads/2020/09/9.pngmai

ポチッとありがとうございますっ♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA