低年収でも注文住宅が叶う無料資料請求はコチラ!

家を買った後にかかるお金はどれくらい?【毎月・毎年】

はじめに

このブログは、家族5人・夫の年収300万円にして新築平屋・注文住宅をGETした私が経験・体験したマイホームを建てるまでの体験談や口コミを綴っています。

マイホーム体験談①傾いた貧乏アパートからの脱出

https://kaseburo.info/wp-content/uploads/2020/09/明るいバッジロゴ-Etsyショップ-アイコン.pngmai

2015年に小さいながらも(そして低所得)新築の注文住宅を建てることのできた我が家。新築購入後5年以上経過しました。

今回この記事では、マイホームを購入した後にかかった費用についてまとめました。

毎月必要となってくるお金と、税金など毎年必要になる費用、そして修繕費など積み立てておきたい費用別にまとめています。

家を買ったらお金がかかる?

筆者が家を建てる前、なんとなくのイメージで、「家を買うと色々とお金がかかるのでは?」と漠然と思っていました。

現在、実際に家を建ててみて5年経ちました。5年間経過して感じたのは、

『固定資産税さえクリアできれば何とかなる!』

です。

我が家の場合、夏冬のボーナスの中から固定資産税の積み立てをしています。

固定資産税がいくらくらいなのか?それは土地と建物の評価によるので「○○円です!」と言えないところですが、私の場合は、ハウスメーカーさんにだいたいいくらくらいになるか教えてもらいました。(実際その通りの金額でしたよ!)

まだ、希望のハウスメーカーさんが決まっていない場合はこちらのオンライン見積もりがおすすめです。↓↓

月たったの6万円台で夢のマイホーム!無料資料請求 へGO!

まずは、毎月かかるお金からご説明します。

家を買った後にかかるお金【毎月編】

毎月かかる費用は、賃貸の時と同じように

  • 住宅ローン(家賃)
  • 光熱費

のみ。

その他、庭があるご家庭は雑草を駆除する除草剤等、こまごましたものが必要ですが、そんな大した金額にはなりません。

賃貸の時と同じくらいの家計予算で・・・と言いたいところですが、光熱費については、

  • オール電化
  • オール電化+ソーラー
  • ガス&電気

と、オール電化かガス代がかかるかによって多少変わってきます。

光熱費は、賃貸ですと電気代+ガス代で15000~20000円ほど。夏や冬になるとそれ以上かかるお宅もあるでしょう。

マイホームを建てた後も、基本は同じくらいの光熱費です。

オール電化で多少光熱費が安くなった!という声も実際に聞いたことがあります。

ちなみに我が家はソーラー発電があるので10年間は光熱費はほぼタダ!

毎月の費用は賃貸のときとほとんど変わっていませんね。(とはいえ、子供が1人から3人に増えたので生活費はアップしました泣)

家を買った後にかかるお金【毎年編】

変わるのは毎年かかるお金!です。

https://kaseburo.info/wp-content/uploads/2020/10/5.pngわにさん

固定資産税とか、減税とか・・・よくわからないけどどうなの?

マイホーム購入後、毎年かかってくるお金はズバリ「固定資産税」。その他にも自治会費(我が家は年間1万円弱)がありますね。

家を建てる前は、払えるかな・・・なんて不安でしたが、今でも何とか払えていますよっ!(低所得ですが)

さて、固定資産税について覚えておきたい点がいくつかあります。それは以下の3つ。

  • 新築購入後3年間は、建物部分の固定資産税が半額になる!
  • 都市計画税なるものも一緒に支払わなければならない
  • 住宅ローン契約後10年間住民税が減税される

それぞれご説明していきますね。

新築購入後3年間は、建物部分の固定資産税が半額

新築を購入した際は、税金の「軽減措置」が受けられます。

「軽減措置」とは、固定資産税が3年間半額になるという制度。

https://kaseburo.info/wp-content/uploads/2020/09/11.pngmai

我が家の場合をぶっちゃけてしまうと、

半額で年間8万円でした!この中に都市計画税も含まれています。(下の章をみてみてね☆)

5年たった現在、16万円になるかと思いきや、年間14万円でした。(ホッ)

理由は「都市計画税』でした。どうやら都市計画税は半額にならないみたい!

3年間の半額期間、ありがたかったですね~。も少し長く半額だったらな~なんて思いますが、少しずつ建物の評価が下がっていくので、夫が定年退職するころには年間数万円になっているでしょう。

実際にわたしの実家が、築25年ほどで年間4~5万円です。それくらいですと年金受給中でも支払いできるかな~なんて思います。

ちなみに、賃貸でも「更新料」を支払わなければならないアパートもありますよね!(だいたい2年に一度)。

賃貸は家賃を死ぬまで払わなければなりませんが、マイホームですと住宅ローン完済後は固定資産税のみ!

つまり年間数万円の支払いで済みます。老後も安心ですね!

都市計画税なるものも一緒に支払わなければならない

「都市計画税」をご存じですか?

固定資産税と共に徴収される税金なのですが、実は住んでいる地域によってだいぶ差が出ます。

道路を広くしたり、下水道の整備をしたりなど、その地域を住みよい地域にするために必要な税金です。

私の経験では、すぐ近くに住んでいる知人と我が家と比べて、1万円以上差があった経験があります。(我が家は約2万円でした。)

もしまだ土地が決まっていないなら、前もって都市計画税の金額を市町村のHPなどで調べておいた方が良いかもしれません!

住宅ローン契約後10年間住民税+所得税が減税される

こちらも地味に嬉しい制度の「住宅ローン控除(減税)」ですね。

ざっくりいうと、

10年以上の住宅ローンを契約すると10年間世帯主の住民税が減税されます。(消費税増税により令和10年10月から13年間に増えたそう!)

我が家のような年収300万円ほどの家庭でも減税されますよ!

計算方法がかなり特殊でして、借入金額や年収など様々な条件によって金額が変わってきます。

だいたい、各年の住宅ローン残高の1パーセントほどが減税されると言われています。

実際に減税されている我が家、1パーセントも減税されていませんね(笑)

何かしら計算方法があるのですが、難しくてよくわかりません。。

我が家のように年収300万で2000万円ほどの家を建てた場合は、1パーセントも減税されず、その半分くらいかな?といったところでしょうか。

ですので、減税分を当てにしてはいけません!(笑)

ちなみに、この制度を活用するには確定申告、年末調整時に書類を提出しなければなりませんのでお気をつけて!

借り入れしている銀行さんから毎年届く書類と、家を建てた後に行く税務署で頂く書類を世帯主の会社に渡します。

この書類を会社へ渡さないと減税されないので要注意ですよ!

まとめ

今回は家を買った後にかかるお金についてまとめてみました。

月々にかかるお金は、賃貸の時とそう変わらなりと思います。

毎年かかる「固定資産税」が賃貸との大きな違いです。

まだマイホーム計画中・ほしいな~とおもっているなら、毎年支払わなければならない固定資産税を捻出する方法(ボーナス・月々積み立てなど)さえあればマイホームはGETできます!

最近は家賃並みの支払いで新築一戸建てが購入できる時代です。

ぜひ前向きに検討してみてはいかがでしょうか?

>>マイホームへの第一歩!タウンライフ無料資料請求<<

では、一度の入力で複数のハウスメーカーの無料見積もりが出来ます。

こちらで取り扱っているハウスメーカーさんはなんと、約600社以上!!

大手注文住宅会社から地元密着の工務店さんまで取り扱っているので、わざわざ時間をさいて住宅展示場回りをしなくて済みます。

わざわざ足を運ばずに無料見積もりができるっていいですよね!

さらに無料見積もりだけでなく

  • 理想の間取りプラン
  • 注文住宅にかかる具体的な費用
  • 希望の地域の土地探し

全てが無料&ネットで請求できるのでうれしいですよね。

「自分たちの年収で建てられるの?」

と注文住宅に憧れているけどお金の話を聞きたくてもなかなか聞けないというあなた。

まずは気軽にマイホームGETの第一歩を踏み出して下さいね!

私も第一歩を踏み出してからあれよあれよと注文住宅を建てることが出来ました^^

月たったの6万円台で夢のマイホーム!無料資料請求 へGO!

それでは最後までお付き合いいただきありがとうございました!

ブログランキングに参加中です!

「役に立ったよ~」と思ったら人気ランキングのヨイネ!ボタンやシェアボタンをポチッとしてくださると泣いて喜びます♪


人気ブログランキング
https://kaseburo.info/wp-content/uploads/2020/09/9.pngmai

ポチッとありがとうございますっ♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA